偏角

複素数平面上で複素数zの表す点Pをとるとき、線分OPと実軸(x)のなす角qを偏角という(反時計回りを偏角の正の向きとする)
   
と表す。
Pの座標をとして、z絶対値とすると、より、z極形式の形に表したときの角qが偏角である。

偏角の性質
として、

  
  
これはの偏角がだということだから、 ・・・@ が成り立つ。
(
分母の実数化を行った)
  
  
これはの偏角がだということだから、 ・・・A が成り立つ。
また、
ド・モアブルの定理より、
これは、の偏角がだということだから、 ・・・B が成り立つ。
@,A,Bは、偏角
argが対数logのような性質を持つことを示している。

2線分のなす角
A式より、()()として、だから、は線分と線分のなす角を表している。さらに()として、線分と線分のなす角jはが原点に来るように全体を平行移動して考えれば、で与えられる。



   数学基礎事項TOP   数学TOP   CHALLENGE from the VOID   TOPページに戻る

(C)2005, 2006,2007, 2008 (有)りるらる雑誌「大学への数学」購入Newton e-Learning
inserted by FC2 system