等差数列

n項に定数dを加えると第項になる数列等差数列と言う。定数d公差と言う。
漸化式 ()
一般項: ()
n項までの和:

注.については、 ((初項+末項)×項数÷2)という覚え方が便利です。

1, 4, 7, 10, 13, 16, 19, 22, ・・・・・・
のように数が並ぶ数列は、
1を初項として、3ずつ増えていく数列です。
このように、決まった数だけ増えていく数列が等差数列です。初項が
1,公差は3です。
この数列では、
,・・・・・・
のようになっています。
これを一般的に書くと、公差を
dとして、
となります(このように、第n項と第n+1項の間の関係を示す式が漸化式です)

等差数列の一般項
(n)は、初項回公差dを加えたものになるので、となります。
初項を
とすれば、となります。

初項
,公差dの等差数列の第n項までの和は、

 
 
  
  ()

3
abcが、のようになっていて、等差数列をなしているとき、
より、
3
数のまん中の数は、他の2数の相加平均になっています。このまん中の数bのことを等差中項と言います。


   数学基礎事項TOP   数学TOP   CHALLENGE from the VOID   TOPページに戻る

(C)2005, 2006,2007, 2008 (有)りるらる雑誌「大学への数学」購入Newton e-Learning
inserted by FC2 system