チェバの定理

 右図において、三角形ABCの辺AB上に点F,辺BC上に点D,辺CA上に点Eをとるとき、線分AD,線分BE,線分CF1Pで交わるならば、


[証明] 右上図において、
辺々かけ合わせることにより、
 (証明終)

チェバの定理の覚え方
1つの頂点Aから出発して、三角形の周上を、AFBDCEAと回ります。分子では、AFBDCEの順に点の文字を書き、分母では1つずらせて、FBDCEAの順に点の文字を書き、3つの分数の積が1とします。


   数学基礎事項TOP   数学TOP   CHALLENGE from the VOID   TOPページに戻る

(C)2005, 2006,2007, 2008 (有)りるらる雑誌「大学への数学」購入Newton e-Learning
inserted by FC2 system