ド・モアブルの定理

iを虚数単位、?を実数、nを整数として、
      
・・・@
が成り立つ。
[証明] まず、nが自然数の場合について、数学的帰納法で証明する。
(T) のとき、@は成り立つ。
(U) のとき成り立つとして、
 両辺にをかけて、

 
 
 よって、のときにも@は成り立つ。
(T)(U)より、nが自然数のときには@は成り立つ。

(V) nが負の整数のとき、として、
  (分母の実数化を行った)
 
(
W) のときは明らかに@は成り立つ。
(T)(W)より、nを整数として、@が成り立つ。(証明終)

ド・モアブルの定理を、z0でない複素数、nを整数として、ということもできる(z偏角)


   数学基礎事項TOP   数学TOP   CHALLENGE from the VOID   TOPページに戻る

(C)2005, 2006,2007, 2008 (有)りるらる雑誌「大学への数学」購入Newton e-Learning
inserted by FC2 system