2倍角の公式


 
 


[証明] 加法定理において、とすると、

また、において、とすると、
 (証明終)




[証明] 
であれば、分母、分子をで割って、
 (証明終)

1とおくと、
[
証明] 上記公式において、とおいて、

 

 

2q を実数として、の最大値、最小値を求めます。
()


において、は、のとき、最大値:,最小値:


   数学基礎事項TOP   数学TOP   CHALLENGE from the VOID   TOPページに戻る

(C)2005, 2006,2007, 2008 (有)りるらる雑誌「大学への数学」購入Newton e-Learning
inserted by FC2 system