高次の導関数

n3以上の自然数として、の導関数を考えます。

です。この右辺のの導関数を求めると、となりますが、左辺のの導関数は、yから2回微分されることになるので、もう一つ、プライム記号をつけて、

と表すことにします。さらに、微分して、の導関数は、yから3回微分されることになるので、プライム記号を3つつけて表し、

となります。を第1(1)の導関数、を第2(2)の導関数、を第3(3)の導関数と呼びます。
と書くとき、とも書きますが、です。
4次以上になると、プライム記号の数が多くなるので、と書いて第4(4)の導関数ということにします。
n回微分すると、

となります。を第n(n)の導関数と言います。です。

以下、
mnを自然数として、

 (底がeの指数関数は何回微分しても指数関数のまま)


などが言えます。

例.
(1)  ()として求められる多項式をエルミート多項式と言います。
,・・・
などとなっています。
(2)  ()として求められる多項式をルジャンドル多項式と言います。
,・・・
などとなっています。
(1)(2)とも物理学で登場する重要な多項式です。


   数学基礎事項TOP   数学TOP   CHALLENGE from the VOID   TOPページに戻る

(C)2005, 2006,2007, 2008 (有)りるらる雑誌「大学への数学」購入Newton e-Learning
inserted by FC2 system