慶大理工数学'08[A1]検討

[A1](解答はこちら) (1)は、早大理工'08[1]とほとんど同じ曲線ですが、早大理工が斜回転体の体積を求めさせているのに比べればx軸のまわりの回転体ということで穏やかな問題になっています。解答では回転体の体積を置換積分で求めましたが、展開して積分するのでも手間はかかりますができます。面積も体積も、実質的にの形の積分だけですみます。体積最大も3次関数の微分で片付きます。
(2)は、空間における直線のベクトル方程式を書いて、xy平面との交点なので、とすれば、曲線の式が得られます。曲線の式も特に注意すべき点はありません。平凡に面積を求める積分を行うことができます。積分は、の形をしているので、とおけば良いのですが、解答では、分母をuだけにするために、分母全体uとおきました。この問題ではあまりメリットはありませんが、もっと複雑な定積分計算を行う場合には、効果大のことがあります。


TOPに戻る   CFV21 メイン・ページ   考察のぺージ

(C)2005, 2006,2007, 2008 (有)りるらるNewton e-Learning
 雑誌「大学への数学」購入
inserted by FC2 system