慶大理工数学'08[B1]検討

[B1](解答はこちら) 慶大理工は、最近、区分求積法を利用する問題をよく出しています。苦手にする人が多いので、よく理解しておきましょう。この問題では、(1)だけでなく、(3)でもポイントになるところです。もっとも、(3)は、を調べれば予測がついてしまいますが。
(4)をいきなり示せ、と、言われると、厳しいかも知れませんが、(3)を利用するのだろう、と、思えば、
に気づけるはずです。

この論述問題も、やれどもやれども出口が見えてこない
'02[B1]などの重量感と比べてしまうと、一時ほどの迫力は感じません。手間のかかる早大理工'08[2]などと比べても、ずっと穏やかな感じがします。ちょっと寂しい感じがしますね。


TOPに戻る   CFV21 メイン・ページ   考察のぺージ

(C)2005, 2006,2007, 2008 (有)りるらるNewton e-Learning
 雑誌「大学への数学」購入
inserted by FC2 system