京大理系数学'07前期甲[4]検討

[4](解答はこちら) ゆとり教育見直しに伴って、平面幾何の証明は中学校に戻って行くと思われるので、こうした問題は大学入試からは消えてゆく運命にあるかも知れません。ですが、問題の状況自体は今後の大学入試にも引き継がれるものなので、円周上に点を幾つかとって角を考える問題では、円周角や中心角を考える、ということがキーワードであることには変わりないだろうと思います。
本問題もまた、円周角を考えることにより容易に解決できます。
3直線1Hで交わることについては、Hが三角形ABCの内心であることを言えば十分でしょう。試験場で時間が余ってヒマであれば、三角形の各頂角の2等分線が1点で交わることの証明をつけておけば良いと思います。


TOPに戻る   CFV21 メイン・ページ   考察のぺージ

(C)2005, 2006,2007, 2008 (有)りるらるNewton e-Learning
 雑誌「大学への数学」購入
inserted by FC2 system