分母の有理化

分母に根号を含む式が来るときに、この根号をなくす計算をすることを分母の有理化と言います。
入試問題の最終解答の分母に根号が残るときには、有理化しておくのがエチケットです。有理化することが義務ということではありませんが、採点者が誤答と見まちがえる心配をすべきです。

例.
(1) は、分母・分子にをかけると、
(2)
は、分母・分子にをかけると、




   数学基礎事項TOP   数学TOP   CHALLENGE from the VOID   TOPページに戻る

(C)2005, 2006,2007, 2008 (有)りるらる雑誌「大学への数学」購入Newton e-Learning
inserted by FC2 system