置換積分(その3)

この項目は、不定積分の公式置換積分を参照してください。

三角関数を含む関数の積分では、
という置換を行うことにより、分数関数の積分に持ち込めることがあります。
とおくと、2倍角の公式より、


より、

1. 
とおくと、
x
のとき、t

とおくと、
t
のとき、q

 

被積分関数が、を含む積分では、のようにおくとうまく計算できることがあります。

2. 
とおくと、




[
別解] とおいても計算できます。

()
として、

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
注. (種々の関数のグラフ(4)を参照)とおいても計算できます。

3. 
と見て部分積分をします。1を積分、を微分に回します。

 
 
 
2.より、より、

を新たにCと書き直して、



   数学基礎事項TOP   数学TOP   CHALLENGE from the VOID   TOPページに戻る

(C)2005, 2006,2007, 2008 (有)りるらる雑誌「大学への数学」購入Newton e-Learning
inserted by FC2 system