正弦定理

半径Rの円に内接するについて、とすると、


断りがない場合、原則として、のように、多角形の内角の大きさを頂点の名前の文字で表します。
[証明] 右図のように、半径Rの円に内接するがあるとき、円の中心をOとして、直線BOと円周との交点をDとします。
このとき、円周角より、
より、

同様にして、
以上より、 (証明終)
(
三角比三角比の拡張を参照)

例.であるにおいて、および、外接円の半径Rを求めます。
正弦定理より、

......[]



   数学基礎事項TOP   数学TOP   CHALLENGE from the VOID   TOPページに戻る

(C)2005, 2006,2007, 2008 (有)りるらる雑誌「大学への数学」購入Newton e-Learning
inserted by FC2 system