立体の体積

1) の範囲に存在する立体の体積Vは、この立体をz軸に垂直な平面で切ったときの断面積をとして、

とすれば求められる。は、底面積,高さの柱体の体積と考えればよい。
積分して、この柱体の体積を寄せ集めたものが立体の体積になる。

2) x軸のまわりに曲線を回転して得られる回転体の体積V
回転体が、の範囲に存在するとして、平面で回転体を切ったときの断面積は、半径の円になるから、


3) y軸のまわりに曲線を回転して得られる回転体の体積V
回転体が、の範囲に存在するとして、平面で回転体を切ったときの断面積は、半径の円になるから、



   数学基礎事項TOP   数学TOP   CHALLENGE from the VOID   TOPページに戻る

(C)2005, 2006,2007, 2008 (有)りるらる雑誌「大学への数学」購入Newton e-Learning
inserted by FC2 system