東工大数学'03年前期[3]

において、辺ABの中点をM,辺ACの中点をNとする。辺ABx ()の比に内分する点Pと、辺ACy ()の比に内分する点Qをとり、線分BQと線分CPの交点をRとする。このとき、Rに含まれるようなの全体をxy平面に図示し、その面積を求めよ。(ただし、辺AB,辺AC01の比に内分する点とは、ともに点Aのこととする。)

解答 まず、のとき、点Qは点Aと一致します。このとき点Rは点Pに一致します。
Rに含まれるためには、R,つまりPが線分AM上にあればよく、 ・・・@

のとき、
メネラウスの定理より、

よって、Rは線分PCの比に内分する点であり、より、
より、
より、
ここで、Rに含まれるために(平面ベクトルの応用を参照)
・・・A
かつ、 ・・・B
かつ、 ・・・C

より、B,Cは成立しています。
Aで分母を払うと、
整理して、 ・・・D

のとき、Dの左辺は0ですが、右辺はで成立しません。よって、
のとき、
よってDより、となり、を満たしません。
従って、
のとき、Dより、

のときも含めて、かつかつ ・・・E
境界線の
は漸近線:を有する直角双曲線で、Eを図示すると右図斜線部(境界線上を含む)

この面積は、
 (不定積分の公式を参照)
......[]


TOPに戻る   CFV21 メイン・ページ   考察のぺージ

(C)2005, 2006,2007, 2008 (有)りるらるNewton e-Learning
 雑誌「大学への数学」購入
inserted by FC2 system