東大理系数学'09前期[5]

(1) 実数xをみたすとき、次の不等式を示せ。
(2) 次の不等式を示せ。

解答 試行錯誤は必要ですが、しっかり計算して得点しておきたい問題です。
(1)は、いきなり(右辺)(左辺)では、指数の扱いが面倒なので対数を考えます。なるべく微分しやすい形に整理しましょう。なお、微分法の不等式への応用(2)を参照してください。

(1) 与不等式両辺の自然対数を考えても不等号の向きは変わりません。
 ・・・@
@を示せばよいのですが、この形で(右辺)(左辺)として微分するとlogが残って厄介です。そこで、で場合分けして、xをかけた式を示すことにします。
(i) のとき、@両辺にxをかけると、
 ・・・A
この場合は、以下でAが成り立つことを示します。
 ・・・B
とおきます。
 (微分の公式積の微分法を参照)
よって、単調増加で、
従って、も単調増加で、
よって、Aが成り立ちます。
(ii) のとき、@両辺にxをかけると、
 ・・・C
この場合は、以下でCが成り立つことを示します。
Bのようにをおくと、
よって、は単調減少で、
従って、は単調増加で、
よって、Cが成り立ちます。
(i)(ii)より、をみたすとき、が成り立ちます。

(2) 問題文の不等式
 ・・・D
は非常にきわどい不等式になっていて、電卓で計算してみると(試験場ではこうは行きませんが)
となっていて、粗雑な評価では示せません。
(1)の不等式を利用するにしても、とかを単に代入するのでは、Dの形を作ることができません。
Dには、
0.990.9999が出てくるのですが、
となるので、(1)の不等式のにはをかけ、にはをかけてとするとうまく行きそうです。
そこで、
(1)の不等式の両辺にをかけてみます。

を代入すると、
 ・・・E
左辺の形に合わせて
(1)の不等式の両辺にをかけると、

を代入すると、
 ・・・F
E,Fより、Dが示せました。


TOPに戻る   CFV21 メイン・ページ   考察のぺージ

(C)2005,2006,2007,2008,2009
(有)りるらる
CFV21 随時入会受付中!
CFV21ご入会は、まず、
こちらまでメールをお送りください。
 雑誌「大学への数学」購入
inserted by FC2 system