2円の位置関係

2円の位置関係は以下の5通りのいずれかの場合に分類できます。
2の中心をAB,半径をRr (とします)2円の中心間距離、つまり、線分ABの長さをdとします。
2円の位置関係が問題となる場合は、2円の方程式を連立するよりも、Rrdの関係を考える方がうまく行きます。

(1) 2円が互いに離れている場合

(2) 2円が外接する場合

(3) 2円が2点で交わる場合

(4) に内接する場合

(5) を内側に含む場合



   数学基礎事項TOP   数学TOP   CHALLENGE from the VOID   TOPページに戻る

(C)2005, 2006,2007, 2008 (有)りるらる雑誌「大学への数学」購入Newton e-Learning
inserted by FC2 system