直線のベクトル方程式(空間)

この項目は、直線のベクトル方程式(平面)を参照してください。
空間内の
2ABを通過する直線上の点Pとして、
  (t
:実数)
 
を直線の方向ベクトルと言う。

実数tを消去すると、
A
Bともxy平面上の点のときには、より、

 2を通る直線のベクトル方程式:
xy
平面との交点では、として、
より、
xy平面との交点は、


   数学基礎事項TOP   数学TOP   CHALLENGE from the VOID   TOPページに戻る

(C)2005, 2006,2007, 2008 (有)りるらる雑誌「大学への数学」購入Newton e-Learning
inserted by FC2 system