作用反作用の法則

物体1が物体2に、ある「作用」を及ぼすとき、物体2は物体1に対して、これと同じ大きさで逆向きの「作用」を及ぼす。これを作用反作用の法則と言う。
ニュートンの運動の法則の第
3法則。

「作用」は、だとして考えます。
机の上に物体が置かれているとき、物体には
重力がかかっていて机を押していますが、机は物体を押し返しているのです。そうでなければ、雪道で長靴がズブズブ雪にもぐってしまうように、物体は机にめりこんで行くことになります。
このとき、物体が机を押す
とすると、机が物体を押し返す(等大逆向き)になります。
万有引力により、地球が月をで引っ張るときに、月は地球をで引っ張ります。
厳密には、
万有引力が伝わるのに有限な時間がかかるので、ごく僅か作用反作用の法則からずれますが、高校物理ではそうした効果は考慮しなくてOKです。


TOPに戻る   CFV21 メイン・ページ   考察のぺージ

(C)2005, 2006,2007 (有)りるらるNewton e-Learning
inserted by FC2 system