クーロンの法則

真空中に距離r離れて置かれた電荷qQの間に働くFは、
但し、は真空の誘電率、
の方向は、両電荷を結ぶ直線の向きで、qQ異符号なら引力()同符号なら斥力()

電界の位置に置かれた電荷qに働くは、 (電界を参照)
電荷Q距離r離れた位置に作る電界の大きさEは、 (ガウスの法則を参照)
従って、真空中で点電荷qの作る電界の中に、別の点電荷を置くと、
という大きさのが働きます。qQが同符号なら斥力qQが異符号なら引力が働きます。これが、クーロンの法則です。また、このクーロン力と言います。
クーロンの法則は各種の実験により正確に成り立つことが検証されている法則です。
実験によると、
[]であることが知られています。
とすると、真空中のクーロンの法則は、
となります。


   物理基礎事項TOP   物理TOP   CHALLENGE from the VOID   TOPページに戻る

(C)2005, 2006,2007 (有)りるらる雑誌「大学への数学」購入Newton e-Learning
inserted by FC2 system