電池の内部抵抗

起電力V内部抵抗rの電池から電流Iを流すと、端子間電圧は、

乾電池のような電池では、起電力Vであっても、大きな電流を流すと、端子間電圧(+端子と−端子の間の電圧)起電力よりも小さくなってしまいます。
右図のように、電池内部に
起電力Vと直列に内部抵抗rを持つと考えると理解しやすくなります。
電池から
電流Iを流すとき、内部抵抗r電圧降下を生じるので、電池の端子間電圧は、
となります。電池の起電力とは、のときの端子間電圧です。
また、電池は使われるに従って、
起電力が小さくなるとともに、内部抵抗が大きくなることが知られています。


   物理基礎事項TOP   物理TOP   CHALLENGE from the VOID   TOPページに戻る

(C)2005, 2006,2007 (有)りるらる雑誌「大学への数学」購入Newton e-Learning
inserted by FC2 system