定積変化

気体が、体積一定のまま、圧力温度だけが変化する状態変化を定積変化と言う。
定積変化において気体は仕事をしない
また、定積変化において、気体が吸収した
はすべて内部エネルギーの増加になる。

 定積変化を表す
pV曲線は右図赤線のように、p軸に平行な線分になります。pV曲線とV軸で囲む面積は0で、気体のする仕事0です(気体のした仕事を参照)
つまり、定積変化においては、気体は仕事をしません。
定積変化においては、熱力学第一法則において、より、となり、気体が吸収した
は、すべて内部エネルギーの変化になります。
定積モル比熱の式:より、気体が正の
を吸収する()と、であり、気体の温度が上昇します。正のを放出する()と、であり、気体の温度が下がります。
(体積体積Vが一定で、圧力がと変化し、として、です)


   物理基礎事項TOP   物理TOP   CHALLENGE from the VOID   TOPページに戻る

(C)2005, 2006, 2007 (有)りるらる
inserted by FC2 system