直線電流の作る磁界

直線状導線を電流が流れるとき、導線から距離aの点における磁界の大きさHは、
磁界の向きは、直線電流の流れる向きを右ねじの進む向きとして、右ねじの回る向き。

アンペール周回積分の法則より、閉曲線Cで囲む曲面を電流Iが貫いているとき、
が成り立ちます。
ここで、閉曲線Cとして、直線電流に垂直な平面上で、直線電流との交点を中心とし半径aの円周をとります。
ビオ・サバールの法則より、右ねじの法則に従って、磁界が生じます。対称性より、この円周上では磁界は、大きさが等しく、向きは円の接線方向であり、の向きと一致します。として、円周の経路の長さなので、



   物理基礎事項TOP   物理TOP   CHALLENGE from the VOID   TOPページに戻る

(C)2005, 2006,2007, 2008 (有)りるらる雑誌「大学への数学」購入Newton e-Learning
inserted by FC2 system