相互誘導

 隣接しておかれた2つのコイルの片方に流す電流を変化させると、他方を貫く磁束が変化し、レンツの法則により、この変化を妨げようとする向きに逆起電力が起こる。この現象を相互誘導と言う。
片方のコイルに流れる
電流Iとすると、他方のコイルに発生する誘導起電力Vは、
で与えられる。M相互インダクタンス(相互誘導係数)と言う。

コイルを
ソレノイドとして考え、長さl,断面積S,透磁率mの鉄芯の部分に、片方のコイルは回、他方のコイルは回導線が巻かれているとします。
回巻かれているコイルに
電流Iを流すと、コイルには、大きさ磁界が発生します。このとき、磁束密度は、
コイルを貫く磁束は、
この磁束が漏れることなく、他方のコイルを貫くとします。
電流Iが変化すると磁束Fが変化し、電磁誘導の法則により、他方の回巻かれているコイルには、誘導起電力 ・・・@
が発生します。相互インダクタンス(相互誘導係数)と言います。Mを用いて、@式は、
SI単位系では、相互インダクタンスの単位は、自己インダクタンスと同じく、[H]です(ヘンリーと読みます)

変圧器は、相互誘導を応用した電気部品です。


TOPに戻る   CFV21 メイン・ページ   考察のぺージ

(C)2005, 2006,2007, 2008 (有)りるらるNewton e-Learning
 雑誌「大学への数学」購入
inserted by FC2 system