右ねじの法則

直線状の導線に電流Iが流れるとき、電流の向きを右ねじの進む向きだとして、この電流は、導線の周囲に、右ねじの回る向き磁界を作る。この法則を右ねじの法則という。
直線電流I距離r離れた位置に作る磁界の大きさHは、
これをアンペールの法則と言う。

解説 電流を流している電線の近くに磁針を置くと、磁針が振れることを発見したのはエールステッドです。磁針の向きから右ねじの法則が発見されました。
電流の周囲にできる
磁界の大きさ電流の強さに比例し、電流が流れる導線からの距離反比例することは、ビオとサバールによって確かめられました。比例定数は、SI単位系(長さを[m],質量を[kg],時間を[s],電流を[A]とする単位系)においては、となります。こうして、直線電流I距離r離れた位置に作る磁界の大きさHは、
となります。磁界の向きは、右ねじの法則で決まる向きです。

また、半径rの円周を描くように電流Iが流れるとき、この円周の中心には、電流が流れる向きを右ねじが回る向きだとして、右ねじが進む向きに、磁界ができます。この磁界の大きさHは、
となります。


   物理基礎事項TOP   物理TOP   CHALLENGE from the VOID   TOPページに戻る

(C)2005, 2006, 2007 (有)りるらる
inserted by FC2 system