熱力学第一法則

気体が熱Q (「熱」を参照)を吸収する間に、気体のした仕事W,気体の内部エネルギーの変化をとすると、
が成立する。これを熱力学第一法則と言う。

熱力学第一法則は、熱まで含めたエネルギー保存則です。
受験生の間に、その重要度が理解されていませんが、大学入試の気体の問題においても、状態方程式と並んで、最重要事項と言えます。
熱力学第一法則の言っていることは、受け取ったお金
(気体が吸収した熱Q)のうち、使ってしまったお金(気体のした仕事W)の残りが貯金(内部エネルギーの変化)に回ったということです。
簡単な原理なので、よく理解しておいてください。

熱力学第一法則は、熱機関に仕事をさせるとき、外部から熱やエネルギーを加え続けなければ、その仕事を続けることができない、ということを意味しています。
外部から熱やエネルギーを加えることなく仕事をし続ける熱機関を第一種永久機関と言いますが、熱力学第一法則により、第一種永久機関は実現不可能です。

 定積モル比熱理想気体n[mol]Q[J]を吸収して、絶対温度[K]から[K]まで変化したときにする仕事W[J]は、
内部エネルギーの変化
熱力学第一法則
より、


   物理基礎事項TOP   物理TOP   CHALLENGE from the VOID   TOPページに戻る

(C)2005, 2006, 2007 (有)りるらる
inserted by FC2 system