波の位相

x軸正方向に伝わる、振幅A周期T波長l初期位相d正弦波の式 ・・・@
において、中カッコ内の位相と言います。三角比q に相当するものです。
注意正弦波以外の一般の場合には、「位相」とは、周期的に起こる現象の1周期分の中のどのくらいの位置にあるか、ということを意味します。

位相の中の、は、時間という物差しで、時間tの中に波がいくつ入るかを数えていて、は、長さで見て、距離xの中に波がいくつ入るかを数えています。波の数(1個分、つまり1周期分の位相)をかけて、位相にしているのです。

より、位相pずれると、
より、変位の正負が逆になります。
位相pずれた正弦波を元の正弦波に対して、逆位相である、と言います。
それに対して、
2つの正弦波の位相が同じとき、同位相である、と言います。

において発射された正弦波と、周期の整数倍だけ前の時刻 (k:整数)において発射された正弦波とでは、

 (三角関数を参照)
より、同位相になります。

において発射された正弦波と、周期の整数倍+半周期だけ前の時刻 (k:整数)において発射された正弦波とでは、

 (三角関数を参照)
より、逆位相になります。

x
軸方向に進む正弦波があって、波長の整数倍だけの距離2地点、 (k:整数)においてこの正弦波を見ると、

より、同位相になります。

x
軸方向に進む正弦波があって、波長の整数倍+半波長だけの距離2地点、 (k:整数)においてこの正弦波を見ると、

より、逆位相になります。


   物理基礎事項TOP   物理TOP   CHALLENGE from the VOID   TOPページに戻る

(C)2005, 2006,2007, 2008 (有)りるらる雑誌「大学への数学」購入Newton e-Learning
inserted by FC2 system