ホイートストン・ブリッジ

右図の回路は「ホイートストン・ブリッジ」と呼ばれている回路です。マルGは、検流計の記号です。検流計は微小な電流を計測するための測定器です。
ホイートストン・ブリッジは、未知の
抵抗の値を測定するための回路で、右図において、は既知の抵抗で、可変抵抗(抵抗値の値を変化させることの可能な抵抗)を調節して、検流計に電流が流れない状態のときのの値を計測します。
検流計に
電流が流れないということは、AB電位は等しいということです。このとき、を流れる電流は、検流計の側には回らず、全てに流れます。を流れる電流は全てに流れ込みます。AB電位が等しいので、両端の電圧両端の電圧は等しく、オームの法則より、
 ・・・@
両端の電圧両端の電圧も等しく、
 ・・・A
@÷Aとして、

これで、抵抗値を求めることができます。


   物理基礎事項TOP   物理TOP   CHALLENGE from the VOID   TOPページに戻る

(C)2005, 2006,2007 (有)りるらる雑誌「大学への数学」購入Newton e-Learning
inserted by FC2 system